冷え性

むくみの原因? 冬は血流が悪くなる理由と腸内環境の関係とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

冬は手足が冷えるだけでなく、全身の血流も悪くなりやすい季節。外気温が関係して、体の中も冷え切ってしまいます。
冬場は血流の悪化だけでなく、むくみも感じやすいのですが、これは腸内環境にも関係していると言われています。
冬場の血流悪化やむくみの原因、腸内環境を整えたらどのように変わるのでしょうか?

むくみの原因は血流の悪さにある?

冬はなぜ血流が悪くなるの?

冬は誰でも血行不良に陥りがちです。外の気温がぐっと下がり、凍えるような寒さを感じる時も多いのですが、なぜ冬は血流が悪くなるのでしょうか?

私たちの体には、体温を一定に保とうとする調節機能が備わっています。
体温を一定に保つために寒さを感じると、体内にある熱を外に逃がさないようにして血管が収縮します。血管が収縮すると酸素や栄養が全身にきちんと行き渡らなくなり、体に不調を感じるようになるのです。

また、血流の悪化は自律神経の乱れも関係していると考えられています。
私たちの体は一定の体温を保とうとしているなかで、交感神経と副交感神経の2種類の自律神経も働いています。
この自律神経はちょっとしたことでバランスを崩しやすく、ストレスや不眠、栄養不足などによって乱れることがあります。日頃の過ごし方によって自律神経に乱れが生じ、血流の悪化を招きます。

不規則な生活を送っている時のほうが、健康的な状態より血流が悪くなるため冷えも感じやすくなっているのでご注意ください。

冬にむくみを感じやすい理由とは?

冬の血流悪化には、自律神経の乱れや外気温の低さが関係しています。では、冬にむくみが起こりやすいのはなぜでしょうか?

冬の冷えがむくみを引き起こしてしまいます冬のむくみの多くは、冷えによって起きています。この冬に起きるむくみのことを「冷えむくみ」とも言い、冷えや食事、運動不足などが原因で生じます。

寒くて体を動かすのが億劫になり、血行は悪くなります。この血行不良から体が冷えて、むくみを感じる、という流れになっています。
むくみを感じるとさらに体を動かそうとする気力がなくなってしまうので、結果的にむくみの症状が続くようになります。

冬のむくみは、このように冷えと血行不良が影響して発症していたのです。

腸内環境を整えると冬の不調は改善される!

冬に感じる血行不良やむくみ、どうにか対策を取って快適に過ごしたいものです。
そこで、注目したいのが腸内環境です。
腸内環境を整えると体の調子が良くなると言いますが、冬の不調も改善されます。

腸内環境が乱れていると便秘だけでなく、肌荒れや体のだるさなどさまざまな不調を感じます。その結果、思いもよらぬ不調を招く場合もあります。
しかし腸内環境を整えていくと、以下のような嬉しい効果が期待できます。

  • 免疫力が高まり、様々な不調を改善してくれる
  • 肌荒れ知らずになれる
  • 体を温める食べ物を積極的に食べよう

免疫力が高まり、様々な不調を改善してくれる

腸内環境の改善を図ると、体の免疫力が高まります。
実は、私たちの腸には体の6割~7割の免疫細胞が集結しています。この免疫細胞はある程度温かい状態の腸内でないと、働くことができません。
そのため腸の不調を改善して温めると、免疫力が高まり病気になりにくい体になれるのです。

冬場はインフルエンザや風邪などの感染症のリスクも高まるので、腸内環境は大切です。
免疫細胞が機能しないと体調を崩しやすいだけでなく、ガンにかかるリスクも高まります。
アレルギーを発症する確率も高くなるので、腸内環境を改善することは、とても重要なのです。

肌荒れ知らずになれる

腸内環境が乱れていると、その影響はお肌にも顕著に現れますよね。ニキビや吹き出物ができやすくなったり、乾燥が気になるといったお肌の悩みを抱えがちになります。
そんなお肌の悩みも、腸内環境を改善していくと解消されます。
血行不良から腸の働きが鈍くなり、お肌のターンオーバーにも影響を及ぼすことから肌荒れは生じます。お肌のターンオーバーが乱れることでシミやシワ、たるみなども気になるようになるので、腸内環境を改善していきたいところです。

お肌のターンオーバーには腸内環境も大きく影響します

体を温める食べ物を積極的に食べよう

冬は体が冷え切ってしまい、血行不良やむくみなどの不調を感じます。そして、腸内環境を改善していくと体が内側からぽかぽかと温まってきて、冬ならではの不調も改善されます。

体を内側から温めるのには、やはり食べ物が大事。なかでもおススメしたいのが、ダイエット効果も期待できる低カロリー&高タンパクな食材です。
豆腐や鶏ささみ、まぐろの赤身といった食材がおススメで、豆腐とまぐろの赤身については加熱することで体をより温めてくれます。
腸を温める作用がある食材なので、冬には積極的に食べたいですね。

栗ご飯・豆腐のお味噌汁・根菜の煮物などメニューは効果がありますまた、白いものより黒いものを意識して食べてみましょう。
白い食材のなかでも、白砂糖やうどん、白米は体を冷やす要素を持っています。その点、黒砂糖や蕎麦、玄米といった黒いものは体を温める作用があります。
黒いものにはビタミンやミネラル、食物繊維を含んだものが多いので、黒豆やワカメ、ひじきなども積極的に食べましょう。

その他には、土の中で育った野菜や冬の野菜を意識して選ぶと、腸内環境改善につながります。
ごぼうやにんじん、カブなど土の中で育つ野菜は冬に登場する機会が多いでしょう。野菜を選ぶ際にも注意して選ぶと、腸内環境を改善することができます。
トマトやきゅうり、レタスといった野菜は体を冷やすので、冬場に食べ過ぎるのはおススメできません。
できる限り体を温める食材を食べて、腸をポカポカにしていきましょう。

このように、腸内環境を改善していくと冬ならではの不調も改善されていきます。まだ実践したことのない内容を、ぜひこれから試してみてください。

腸内環境を改善して腸を温めましょう!

冬は誰しも血流が悪くなり、むくみを感じやすい季節です。これは体が冷え切ってしまっている証拠であり、腸内も冷えています。
腸内が冷えると大きな病気にもつながるので、腸内環境を改善して腸を温めていきましょう。
日頃の食事に気をつけながら規則正しい生活を送って、腸を温めると腸内環境が整って冬の不調も感じにくくなります。
続けられそうなものから始めてみると、冬の冷えやむくみ対策につながりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

キャリア20年以上の手技「くびれ腸セラピー」。初回の方に限り、今だけの特別価格4,000円でご案内中!

通常90分16,800円が初回体験価格4,000円(税別)

キャリア20年以上のプロのエステティシャン監修のオールハンド施術によって、体の深部にアプローチする「くびれ腸セラピー」。

「結果が実感できる、痛気持ちいいエステ」として話題沸騰中!です。

今なら初回の方に限り特別価格でご案内いたします。
カラダの中から綺麗になって、美しいクビレを手に入れて下さい。


詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。