体質改善

夏バテで自律神経のバランスが乱れた時にとりたい4つの対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

真夏の暑さで体が疲れてしまうという、夏バテ状態を経験したことのある人は多いでしょう。
この夏バテが、自律神経のバランスの乱れに影響を及ぼす恐れがあります。

なぜ夏バテから自律神経に乱れが生じるのか、具体的にはどのような症状が現れるのでしょうか?
夏バテの予防法・対策法もチェックして、暑い夏を元気に乗り越えられるようにしましょう。

夏バテ 自律神経

夏バテで自律神経が乱れる理由とその症状

交感神経と副交感神経の2種類がお互いバランスを保ちながら機能しているのが自律神経ですが、夏は脱水症状や暑さなどからバランスを崩しやすくなります。

外の暑さにうんざりしながら、室内では冷房を利かして快適に過ごしている人が多いでしょう。
このような状態を繰り返していると、体に必要な水分が不足してしまい脱水症状に陥ります。
体にだるさを感じ、何にもやる気が起きないという状態を招きます。

また、夏は良質な睡眠が取りにくい季節でもあります。
寝苦しい日々が続き、冷房をつけたまま眠ると体はだるくなってしまいます。
このような生活から自律神経は乱れ、胃腸機能に障害が出たり、体がだるい日々が続くようになるのです。

夏は外と室内の気温差が激しいため、知らず知らずのうちに体力が失われています。
その結果、夏バテの症状が顕著に現れ、元気のない日が続くようになってしまいます。

夏バテによる自律神経の乱れを整える4つの対策

夏バテにより生じる自律神経の乱れ、症状を感じた時点で早めに対処して悪化しないようにしたいですよね。
そこで、ここでは夏バテによる自律神経の乱れをどのように改善していけばよいのか、対策法をご紹介します。

  • しっかり水分補給する
  • 良質な睡眠を取る
  • 適度な運動で発汗を促す
  • 栄養バランスを考えた食事を摂る

しっかり水分補給する

夏バテによる自律神経の乱れは、水分不足による影響も大きいのです。

冷房の利いた涼しい部屋ではあまり水分を摂らなくなる一方で、外では汗をかいています。
すると水分不足による脱水症状に陥る恐れがあるので、こまめに水分を補給するようにしましょう。

夏バテ 自律神経 水分補給

喉が渇いたと感じる時には、すでに脱水症状が現れている証拠です。
手遅れにならないように、あまり喉が渇いていなくてもまめに飲むように心がけてください。

水分といってもアルコールやジュース、炭酸飲料ではなく、水やお茶、スポーツ飲料といったものを飲むようにしましょう。

良質な睡眠を取る

熱帯夜と呼ばれる日が続くことで睡眠不足に陥りがちですが、良質な睡眠を取れるように対策を取ってみましょう。

理想的な室内の温度は28℃、湿度は50%~60%と言われています。
エアコンだけでなく、扇風機も上手に利用してみましょう。
また、エアコンを朝までつけっぱなしにすると体によくないので、2時間後に切れるようタイマーをつけておくといった方法を取ってください。

枕やシーツ、パジャマ、布団などを通気性の良い、涼しいと感じられるものに変えるのもおすすめです。

適度な運動で発汗を促す

夏はたくさん汗をかいているように感じますが、適度な運動で発汗を促すことも大切です。
軽い運動を行うと汗腺が開いて汗をかきやすくなるので、適度な温度調節が可能になります。

暑い夏に運動? と思ってしまうかもしれませんが、比較的涼しい朝や夜にウォーキングなどの軽い運動を行って発汗を促してみましょう。

夏バテ 自律神経 運動

栄養バランスを考えた食事を摂る

夏バテで体が疲れを感じているときは、栄養のあるものを意識して摂取したいですね。
そして、食事においては栄養バランスを考えて食べるようにしましょう。

夏バテを防止する食べ物を知っておくと、体の疲れが取れやすくなります。
栄養価の高い卵やビタミンやカリウムが豊富な果物、体のエネルギーになるタンパク質などをバランスよく摂取しましょう。

レバーやうなぎ、枝豆や夏野菜など、夏に美味しいものを意識して食べるだけでも、夏バテ対策になります。

夏バテにならないように日頃から予防しておく

夏バテは症状を感じてから対策を取るよりも、ならないように日々予防しておくことで暑い夏を元気に過ごすことができます。
そこで、日々実践できる夏バテの予防法をご紹介します。

  • 室内の温度に気を付けよう
  • 栄養をしっかり摂取しよう

室内の温度に気を付けよう

夏場は冷房を使っていることが多いと思いますが、温度には注意しましょう。
室内外の温度差が5度以上になると、自律神経が乱れやすくなるので冷房の設定温度を見直すことが大切です。

また、冷房の風が直接体に当たらないようにする、靴下やカーディガンを羽織るといった体を冷やさない対策も大事です。
体が冷えることで自律神経にトラブルが生じることもあるため、室内の温度には気をつけて過ごしましょう。

栄養をしっかり摂取しよう

夏バテや自律神経の乱れで疲れを溜めないためには、日々の食事でしっかり栄養を取っておくことも大切です。
特に、疲労回復に良いとされる食べ物を食べておくことで、夏バテ予防になります。

豚肉やうなぎ、ネギ類、山芋、豆類などを意識して食べてみましょう。
滋養強壮に効果的とされている食べ物を日々食べておくと、夏バテ知らずの体になり、暑い夏を乗り切ることができます。

夏バテ 自律神経 食事

良質なタンパク質に高ビタミンとなっている食べ物を選んで、日々の食卓に利用しましょう。

このように、夏バテになる前に予防法を実践しておくと、自律神経のバランスも安定させることができます。
暑い上に体は不調という日が続くのはつらいもの。
日頃から予防法も実践して体を丈夫にしておきましょう。

夏バテをしない体作りと休息も大切です

誰しも一度は経験があるであろう夏バテは、自律神経のバランスを崩してしまいます。
なぜ自律神経に乱れが生じるのかという原因を知り、対策や予防法を実践してみてください。
夏の過ごし方も見直しながら、夏バテで体が疲労を感じないようにケアをしていきましょう。

夏バテ 自律神経 休息

そして、体が疲れを感じているときは、無理をせず早めに休むことも大事です。
仕事や家事などに支障をきたす場合もあるので、夏は夏バテをしない体作りを心がけながら過ごすようにしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

キャリア20年以上の手技「くびれ腸セラピー」。初回の方に限り、今だけの特別価格4,000円でご案内中!

通常90分16,800円が初回体験価格4,000円(税別)

キャリア20年以上のプロのエステティシャン監修のオールハンド施術によって、体の深部にアプローチする「くびれ腸セラピー」。

「結果が実感できる、痛気持ちいいエステ」として話題沸騰中!です。

今なら初回の方に限り特別価格でご案内いたします。
カラダの中から綺麗になって、美しいクビレを手に入れて下さい。


詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。