更年期障害

更年期障害を予防・改善するには? 薬に頼らない方法をご紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

更年期障害は、今では多くの女性が抱えている症状です。

一般的に、更年期障害は閉経前後の45歳~55歳頃に症状が現れることが多いとされています。

更年期障害を発症すると、人によって感じる不調はさまざまで、日常生活に支障をきたす場合もあるのでしっかり向き合っていきたいですよね。

その更年期障害に対して、どのように予防と改善をしていけばよいのか、薬に頼らずにできる方法をご紹介します。

更年期障害 予防 改善

女性の更年期障害、どのような変化が現れる?

更年期障害は男女共に現れることのある不調ですが、特に悩みを抱えているのが女性でしょう。

閉経の前後で更年期障害が始まる理由は、女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少するからです。
これに伴って、ほてりや発汗、冷え、イライラ、めまい、疲労、不眠、うつなどの症状が現れます。
女性ホルモンのバランスが崩れることから自律神経にも影響が及ぶため、更年期障害と呼ばれる症状を体で感じるようになります。

更年期障害 めまい

更年期障害が始まる頃、女性の体の中ではエストロゲンが減少しています。
このエストロゲンの減少によって、骨粗しょう症、動脈硬化、高血圧といった病気を招く恐れがあります。
女性の体は閉経を機に大きく変化していくのです。

更年期障害を予防、改善していくためには?

更年期障害にはさまざまな症状が挙げられ、一人ひとり症状の表れ方や感じ方が異なります。
そのため、予防法や改善法も一人ずつにふさわしいものを選ぶ必要があります。

そのなかでも、薬に頼らず自然と症状を改善していくために実践できる方法をご紹介しましょう。

  • ストレスを解消していこう
  • 食事内容の見直しも大事
  • 手軽にできるウォーキングを始めてみよう
  • イライラを減らす工夫を

ストレスを解消していこう

更年期障害をうまく乗り越えるために重要なポイントとして、ストレスの解消が挙げられます。

更年期障害の悩みを相談しに病院へ行き薬を処方してもらっても、ストレスがたくさん溜まっていると思うような効果を得られません。
ストレスは大病にもつながると言われているので、適度に発散しておきましょう。

女性の場合、40代や50代というと子どもの受験や就職、結婚などがあったり、女性としての自信を失いやすくなります。
誰にも相談できず一人で悩みを抱えていることもあるので、上手にストレスを解消していくことが大切なのです。

自分の好きなことをやってみる、新しいことに挑戦して趣味を見つけるといったことを始めてみましょう。
夫婦で共通の話題を作ると、一緒に過ごす時間が有意義なものになります。

食事内容の見直しも大事

体を作り上げるために欠かせない食事は、更年期障害を改善していくためにとても大切です。
特に女性の場合はエストロゲンの減少が更年期障害と大きく関係しているので、エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンを積極的に摂取してみましょう。

更年期障害 食事内容 見直し

大豆や味噌、おから、豆腐、納豆などと私たちにとって身近な食品がたくさんあります。
和食を作るように心がけるだけでも、更年期障害による不調は改善されていくでしょう。

また、骨が弱くなっていきやすいので、カルシウムやビタミンDを食事の中で摂取できるように心がけることも大切です。

手軽にできるウォーキングを始めてみよう

更年期障害による不調を改善していくには、適度な運動も効果的とされています。
運動の中でもおすすめなのが有酸素運動であり、その中でも手軽にできるウォーキングは気軽に始めることができます。

楽しく体を動かすことで気分がすっきりするので、ストレス解消につながります。
さらに、体型維持や筋力アップにもなるので、女性としての自信を取り戻すきっかけにもなるでしょう。

有酸素運動にはヨガやウォーキング、水泳など比較的ゆっくりと体を動かすものが多いですが、手軽に毎日実践できるのはやはりウォーキングでしょう。

更年期障害 運動

毎日運動をするのは大変だと思うので、週に3~4回を目安にウォーキングを始めてみましょう。
1回のウォーキングは、30分~60分程度で十分です。

動きやすい服装をして、背筋を伸ばしながらしっかり手を振って歩くようにしてください。
このときに少し早歩きをするように心がけるとよいですね。
遠くを見るようにしながら歩くと、背筋が伸びた状態を維持できるでしょう。

イライラを減らす工夫を

更年期障害では、多くの人がイライラした気持ちを抱えるようになり、ストレスも溜めがちになります。
そこで、イライラを少しでも減らすために、日常生活の小さなことに気をつけてみましょう。

その1つに、スケジュールに予定をまとめるという方法があります。
すべきことがたくさんあってイライラする、何から片付けていけばよいかわからないという状態に陥りやすい人に、この方法は有効です。

1冊手帳を用意して、そこにスケジュールだけでなく、体調や家族の用事、その日あった出来事を簡単にまとめるといったことを日課にしてみましょう。
実際に言葉で書いてみると、すべきことと過去にあったことがひと目でわかるようになるので、ストレスを溜めずに済みます。

更年期障害 ストレス

このときに、食べて美味しかったもの、楽しかったこと、よかった映画や本なども記録していくと、読み返したときにいろいろと思い出すことができます。

更年期障害は、いつ誰にどのような症状が起きるか予測することができません。
しかし、多くの人がストレスやイライラを抱えていることが多いです。
薬に頼らず更年期障害を改善していくために、今の自分にできることを見つけて実践してみましょう。

まとめ

更年期障害による症状を感じ始めると、いつ体調がよくなるのだろうと不安な日々が続くようになります。
できれば薬に頼らず、症状を改善していきたいと考えている人が多いでしょう。

どうしても体調がすぐれず日常生活に支障が出る場合には薬を服用する必要が出てきますが、生活の改善を図れそうなときはぜひ自分なりにできることを始めてみましょう。

ストレスを溜めずに前向きに過ごす、体を動かして気分をリフレッシュさせるといった点が重要になります。
それと同時に、毎日の食事にも気を配りながら、更年期障害と上手に向き合っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。