体質改善

結婚式までにキレイになるためにできること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【ブライダルエステで、痩身に!キレイに!幸せに!】

そろそろ6月のジューンブライドの季節がやってきますね! そんな幸せオーラ全開の女性も多くなる時期ですが、ジューンブライドといっても日本の6月は梅雨の時期です。なんでまたそんなジメジメとした時期に、おめでたいことをする風潮ができたのでしょうか? 一説によると、ジューンブライドは日本が発祥ではなく、ヨーロッパのようです。というのも気候が一番いい時期が6月なので、ヨーロッパでは結婚式をあげて祝福ムードになるのだそうです。
でも日本は前述したとおり梅雨で雨が降る日が多くなります。すると、あえて結婚式をあげるカップルも少なくなり、ブライダル業界はヒマになってしまいます。そこで日本のブライダル業界が目をつけたのが、ヨーロッパの6月に結婚式をあげるという風習なのです。
ヨーロッパの風習での『ジューンブライドは幸せになれるので、縁起がいい』ということを『日本でも6月に結婚式をあげましょう!』と宣伝していったようです。そして、日本でジューンブライドという言葉や習慣が根付いたのもそれからといわれています。ただし、数ある説の中の一つにすぎませんので、あしからず。

さて、とにもかくにも、ジューンブライドの意味や由来が何であろうと、結婚式というのは、花嫁さんが最高に輝きを放つ一日です。そんな幸せな日に花を添えるべく、昨今ではブライダルエステが定着してきました。結婚式が決まってワクワクドキドキのひとも、理想の彼と愛を育んでいる結婚予備軍の方々も、いつか来る最高の一日のために、準備しておきましょう。 今回は、結婚式で花嫁さんがより輝けるお手伝いをする、ブライダルエステについて詳しくご紹介していきます。

7b47ce96657c0b8fe167133d7fa54809_s

【ブライダルエステの神髄はコレ!】

ブライダルエステ施術をなんで受けたいかを、花嫁さん数人にお聞きしたところ、「たった一度の特別な日に、キレイでいたいから」という答えが最も多く、そしてそれ以外の花嫁さんもこういったニュアンスのことを答えてくれました。
この言葉の中に、全てが詰まっていることが分かりますね。もしかしたら、花嫁さんにとっての結婚式やブライダルエステのことを、ここでは言葉を付け加えたり変に掘り下げたりしなくてもいいのかもしれないと思っています。女性にとって、美に生きることは当たり前であり、ある意味女性が生きていく使命みたいなことだからです。そこに言葉は必要ないのかもしれません。だからこそ、ブライダルエステの神髄というのは、「たった一度の特別な日に、キレイでいたいという女性の人生のお手伝いをする」ということになるのではないでしょうか。

<ブライダルエステは、背中磨きが命!>

ブライダルエステをなぜ受けるのかという質問は、花嫁さんにとっては愚問なのかもしれません。では、ブライダルエステを受けて具体的にどんな効果があるのでしょうか? それは顔の他にも「背中がキレイになる」というとても重要なポイントがあるのです。
というのも、結婚式で花嫁さんが着るウェディングドレスは、背中が大きく開いたデザインがスタンダードですよね。ウェディングドレスに限らず、華やかな場所で行われるパーティーに着ていくドレスでも、背中が大きく開いたデザインの物をよく目にします。芸能人の方が着こなして取材を受けている光景をテレビで見たことがあるのではないでしょうか。背中は、普段なかなか自分で目視できる場所ではありません。ですが、バージンロードを歩く花嫁さんを迎える来賓の方々は、新郎新婦の後ろ姿を目で追うかたちになります。そして、結婚式といえば花嫁さんのウェディングドレス姿が一番の見せ所です。

5885ef7ae608547a897575626f1d59d6_s

ですので、ブライダルエステを利用することの一番のポイントがここにあるのです!
どうしても視線は花嫁さんの背中に集中するわけです。そんなとき、背中にあるニキビに目がいくようなことでは、特別な一日がもったいないことになりかねません! 

<ブライダルエステとスタンダードなエステの違いは何?>

ブライダルエステが花嫁さんの必須事項であることは分かりましたが、「日頃からエステに通っていれば、改めてブライダルエステを受ける必要もないのでは!?」と疑問をもたれる方もいらっしゃるかもしれません。それはある意味そのとおりで、通常に提供されているエステの内容が、ブライダルエステに比べて格段に見劣りするはずはありません。これは、どこのエステサロンでも同じことだと思います。今や、プロといわれる方々もたくさんいて、施術方法なども進歩していますから、料金や場所や主観的な趣味といったあたりがサロン選びの決め手となってくるかもしれません。しかし、ブライダルエステとスタンダードなエステには、明確な違いがひとつだけあります。それは、『目的の違い』です。日頃のメンテナンスやダイエットとしてのエステというのは、長いスパンで物事を考える思考で行う傾向にありますが、ブライダルエステに関しては、明確な期日が設けられています。いわば、大本番に向けての綿密な計画やリハーサルなどのスケジュールをしっかりたてて臨んでいく必要があります。結婚式当日に、自分史上最高の美しさを手に入れるためにやるのがブライダルエステということです。

【ブライダルエステって、結婚式前だけでいいの!?】

ブライダルエステの最重要ポイントでもある背中磨きですが、言い方を変えれば、お肌のケアということになります。私たちが表面的にケアしているのは皮膚ですから、ここで皮膚の構造を知っておいてもらいたいと思います。
皮膚は4層の構造があって、「基底層」→「有蕀層(ゆうきょくそう)」→「顆粒層」→「角質層」と体内側から外側になっています。「基底層」から「角質層」までたどり着いた細胞が、アカとなって剥がれ落ちるまでを「ターンオーバー」といい、この周期が28日です。お肌は一定周期で改善されていく仕組みにはなっているのですが、外気に直接触れることの多い部位の皮膚は特に人工的なケアが必要となってきます。女性はお化粧をするのでなおさらのこと、日々のお手入れが必要不可欠です。背中は外気に触れることは少ないかもしれませんが、日頃からお手入れが行き届きにくい場所であることも事実です。「あの花嫁さん、顔はキレイだけどウェディングドレスを着た後ろ姿はイマイチだった・・・。」なんてことにならないよう、ブライダル仕様のエステも必要になってくるでしょう。

<ブライダルエステのタイミング>

さて結婚式の前には、スタンダードなエステとは別にブライダルエステも必要なことが分かりました。では、スタンダードなエステが長期スパンであるのに比べて、ブライダルエステは短期的なケアになります。ではどのくらい前にエステサロンに通い始めて、どれだけのメンテナンスを施せばいいのでしょうか? 今の時代、女性も働くことが当たり前ともいえるので、結婚に向けての花嫁修業的な期間という風潮はほとんどなく、比較的準備も短めになるため、慌ただしく結婚式当日を迎えるというカップルも少なくないようです。通常エステサロンが推奨するブライダルエステのスケジュールは、6ヶ月間をオススメしています。当然、エステサロンとしても、お客様に多く利用していただきたいという商売の気持ちも込みでのお話になります。ですが、なかなか時間もとれず、結婚式だけでも費用がかさむうえに、エステ代までも追加となると、制限されてしまうのが現実です。そういったことも考慮して、エステサロンがご提供するブライダルエステプランには1ヶ月間からのコースもあり、花嫁さんの懐事情にも合ったものを用意している所も多いです。実際のブライダルエステのスタートとは別に「ちょっと早めかな・・・。」というくらいからサロン選びやサロンでのカウンセリングを始めたほうがいいでしょう。

<ブライダルエステのスケジュール>

ブライダルエステにも長期型と短期型がありますが、それぞれのスケジュール感はどのようになっているのでしょう。
だいたいのスケジュールは以下のとおりです。

①カウンセリング
②プラン決め
③月1回ペースのフェイシャル&ボディケア
④背中、腕などのマッサージ
⑤シェービング
⑥全体の仕上げ&ネイル

⑥までを結婚式の2日前までには終わらせます。

ed26748a29b4824b78a9d93d2484bf8a_s

長期と短期での違いは、③と④の回数の違いです。
6ヶ月プランだと、1ヶ月プランにくらべ、それぞれ3〜4回多いです。そして、背中のケアも時間がある分ニキビ対策などバッチリに施してくれます。もし時間もお金も許されるなら、長期的にじっくりとカラダ作りしていくことをオススメします。

【ブライダルエステ 〜マタニティ編〜】

赤ちゃんを授かってから結婚式をあげるカップルも普通にいます。「エステといえば、ダイエット。だから、赤ちゃんがいるお腹のままではブライダルエステを受けても仕方がない」とお考えになっている方もいるかもしれませんね。そんなことはないのですよ。 今のブライダルエステが受けられるエステサロンの中ではマタニティエステも受けられるようになっているところもあります。妊婦さんが着る純白のウェディングドレスも、見ていて微笑ましい光景ですよね!

 

<ブライダルエステを諦めないで!>

マタニティブライダルエステも受けられることが分かったところで、そのプランの特徴ですが、やはり、ひとつのカラダにもうひとりの命を身ごもっているため、より慎重に施術をする必要があります。超音波や電気などの施術機器は使用せず、ハンドケアで対処するということもサロンによって実施しています。マタニティというだけで行動が制限されることは仕方のないことですが、それはストレスの元にもなります。それでは、せっかくのおめでたい晴れ舞台が台無しになってしまいますので、キレイを手に入れて、さらにストレスも解消できるマタニティブライダルエステプランをぜひ試していただきたいと思います。事前にエステサロンに問い合わせてみて、必要なことや希望を伝えてみれば、プロが相談にのってくれます!

【ブライダルエステで幸せな日々を彩ってみて!】

“結婚”というのは、夫婦ふたりだけの契りを交わすものではなくて、両家の親族同士の繋がりを示すものでもあります。ただ、“結婚式”となると、それは「花嫁のもの」といっても過言ではないと思います。たった一日の出来事ではありますが、女性にとってはかけがえのない特別な一日になります。幸せに満ちあふれている女性は本当に美しいです。女性は美しくなったから幸せになれるのではなくて、幸せを感じているから美しくなれるのだと思います。お肌のケアや背中磨きなど、色々とお話してきましたが、結局はブライダルエステを受ける女性の幸せオーラが美しさの最後のエッセンスとなって自分を輝かせてくれるのです。ブライダルエステに限らず、通常のエステも然りです。ですから、美しさは、エステティシャンの腕にかかっているのではなくて、ご自身の決意と覚悟にかかっているのだということをしっかりと認識した上で、花嫁さんとエステティシャンの二人三脚で人生最良の日を迎える準備をしていただきたいと思います。プロは全身全霊であなたの幸せを後押ししますよ!

90e3aa241da298d778f83d19ae0aea3a_s

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。