冷え性

冷え性に効く!自宅でできる冷え性解消法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【冷え性改善は、美肌やダイエットにも効果がある!】

冷え性のメガニズムというのは、人間のカラダに備わっている体温調節機能のトラブルによって起こっていることが原因なのです。カラダには、暑い環境でも寒い環境でも体温を一定に保つ機能が備わっています。

暑いときには汗を出し熱を逃がし、寒いときには臓器のある体内中心部に熱を集め拡散を防ぎます。すると、手や足の先には血液がなかなか届きにくくなるので、手足が冷たくなったりするのです。

一見これだけだと、寒い季節にだけ発症するのが冷え性なのかと思いがちですが、夏の暑い時期にも冷え性を感じる方が多いのも確かです。冷房の効いている室内と暑い外との温度差の生活環境に慣れていると、本来のカラダが持っている体温調節機能が正常に可動せず、皮膚感覚や神経が気温の変化に対して鈍くなってきます。したがって、冷え性は体温の低下した状態であるという考え方ではないということになります。

さて今回は、冷え性のメカニズムを理解していただいたところで、なぜ冷え性を改善することで、美肌やダイエットにまで効果が出るのかというところまでご紹介していきたいと思います。

<あなたは冷え性になりやすい人!?>

女性の悩み

冷え性というのは、季節に関係なく手足やカラダの一部が常に冷えている感覚にあり、それによってストレスを感じ心とカラダのバランスが崩れる状態のことをいいます。

寒がりのひとが冷え性になってストレスを感じるという単純明快なものではなく、ストレスによる自律神経の乱れや運動不足が原因で冷え性を発症するということです。いわば生活習慣が大いに関係してくることがいえるのです。

暑がりな人が冷え性ではないという理屈も通用しません。冷え性は自覚症状がなく、放置される傾向もあるからです。暑がりな人の大抵が上半身が火照っていて下半身が冷えています。この状態を「冷えのぼせ」といって、原因不明の体調不良を引き起こしたりします。

<冷え性になりやすい人の特徴>

・ストレスを溜め込みやすい

・慢性的な運動不足

・補正下着やきつめのストッキング、靴を長時間着用している

・エアコンのよく効く仕事場に勤めている

・冷たい飲み物や甘いものをよく食べる

<多くの女性が冷え性になっている>

個人差こそありますが、冷え性は女性に圧倒的に多くみられる症状です。女性の半数は冷え性ともいわれているくらいです。女性は男性に比べ熱を作り出す筋肉量が少ないため、皮膚の表面温度が低いこともひとつですし、女性には月経があるので腹部の血流が滞りやすくなるというのも冷え性に大きく関わってきます。

【冷え性によって起こる悪影響】

冷え性対策

冷え性は、暑がりや寒がりといった性質には関係なく、自覚症状が薄く下半身が冷えやすいということを説明しました。

ではなぜ下半身は冷えやすいのかというと、原因は「おしり」にあります。長時間のデスクワークやお子さんを抱っこするママさんは、座り姿勢の時間が長く腰やおしりに負荷がかかっています。おしりには「坐骨神経」というカラダの中で一番大きな神経があり、その神経を圧迫することにより自律神経が刺激され、下半身の血管が細くなり血流が悪くなります。

下半身の冷えというのがどれだけの症状を引き起こすのか見ていきましょう。原因不明の体調不良に悩まされている方は、もしかしたらこの中に原因があるかもしれませんよ!?

<上半身、顔が火照る>

先程もご紹介しました。暑がりな人の大抵が上半身が火照っていて下半身が冷えていることに気づいていないことが多いということ。暑がりの人限定の症状ということではないのですが、上半身と下半身の血流の差が原因で起こっているのが上半身や顔の火照りです。

比較的上半身は元々血流がいいので、下半身への血流が阻害されていると上半身ばかりに熱がいきます。これは決してカラダがあったまっている状態とはいえず、心臓に負担がかかりよくない状態なのです。

<肩こり・頭痛>

07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s

デスクワークも立ち姿勢も、長時間同じ姿勢でいることは筋肉を硬直させます。結果血流が悪くなり冷えを感じやすくなって、肩こりや頭痛を引き起こします。単なる疲れと片付けてしまうことをせず、根本にある原因に目を向けて、できることから少しずつ改善していきましょう。でないと、こういった症状は慢性化してしまいます。

<生理不順>

冷え性が女性に多くみられる症状であると同時に、女性特有のカラダの仕組みと大きく関係しているということが分かってきます。

女性は筋肉量が少なく熱が発生しにくいため冷えを感じやすい体質です。女性のカラダの中にある子宮は最も冷えに弱い器官です。そのため、骨盤内への血の巡りが悪くなり、月経の周期も遅れ、生理不順になってしまいます。「冷え性→血流の滞り→生理不順→冷え性・・・」といった負のスパイラルが形成されてしまうことになります。

挙げ句の果てには、生理痛が重くなりやすく、妊娠しにくいカラダになりえるということもしっかりと理解しておきましょう!

<肌荒れ>

カラダが冷えることにより血流が悪くなり、熱が末端まで行き渡らなくなると、顔色が悪くなり目の下にはクマができ、くすみも目立ってきます。さらにシミ・そばかす・ニキビまで出てきます。そして、肌に栄養が届かないことにより肌荒れを起こします。乾燥がお肌の大敵とばかり思っていて、冷えに対する処置を怠っているといけないということですね。しかし、冷えを解消できたのなら、肌荒れや肌トラブルには悩まされることはないということもいえるのではないでしょうか。

<むくみ・だるさ>

冷え性の症状の代表的なものが「脚のむくみ」や「脚がだるい、重い」といった症状です。血流が悪くなると、本来不純物として体外に排泄されるはずの不要な水分が脚に溜まり、脚がむくむという現象が起きます。

なぜ脚に溜まりやすくなるかというと重力の関係で下に落ちていくからです。老廃物が下半身に溜まることにより、下半身太りに繋がります。そして、血流の悪さが代謝も悪くして、ダイエットしても脂肪が燃えにくいため、効果の出にくいカラダを作り上げることになります。

【冷え性改善こそが、ダイエットへの第一歩!】

いよいよ本題に入っていきたいと思います。上記までの説明で冷えがもたらすカラダへの悪影響は理解できたかと思います。

ここからは、「冷えをなくすことが痩せることにどう結びつくのか!?」というところに着目していきましょう。

みなさんが一言で「痩せたい」といっても、「理想的なカラダになって健康を手に入れたい」ということをしっかりと願望として認識していないのかもしれません。病弱でも痩せればいいのでしょうか? そうではないですよね! それではあまりにも合理的ではなく、回り道をしてしまいます。結果的に余計ストレスを抱えてしまって悪循環に陥ります。みなさんにはぜひそうなってほしくありませんので、「冷えとダイエット」「冷えと健康」との結びつきをしっかりと理解していただきたいと思います。

【自宅で簡単にできる冷え性対策】

img8

それでは、ご自身でも簡単に取り入れられる冷え性対策をいくつかご紹介していきます。自宅でも、オフィスの休憩時間でも、通勤時間を利用してもできることだってあると思いますので、エクササイズも工夫次第で効果が倍増します。冷え性は下半身に多くみられるため、ポイントは、主に下半身を中心にストレッチやエクササイズを取り入れるということになります。

冷え性は下半身に多くみられるため、ポイントは下半身を中心にストレッチやエクササイズを取り入れることになります。エクササイズも工夫次第で効果が倍増します。

また自宅やオフィスでの休憩時間、通勤時間を利用してできることもあるかと思います。

それでは、ご自身でも簡単に取り入れられる冷え性対策をいくつかご紹介していきます。

<梨状筋ストレッチ>

冷え性によって起こる悪影響として、下半身が冷えやすいというお話をしました。その原因は「おしり」であり、坐骨神経に負荷がかかり、自律神経が刺激され、血流が悪くなるということでした。おしりには、「梨状筋」という筋肉があり、負荷がかかるとこの筋肉が固まります。この「梨状筋」をほぐすストレッチを取り入れることで、血流をスムーズに流し冷え性を改善できます。

〜梨状筋ストレッチ方法〜

①イスに腰掛ける。

②片足をもう一方の足の上に乗せるように組む。

③おしりの外側を伸ばすようなイメージで、組んだほうの脚を手で強く押す。

④その状態で5秒数える。

①〜④を5セットずつ、合わせて10回行います。

おしりにつっぱるような痛みを感じたら、梨状筋が凝っている証拠です。

<足先に血流を促すストレッチ>

3001d807193d42ba64319be7861cf497_s

末端冷え性というくらいですから、足先に冷えを感じるひとが多いでしょう。男女問わず冷え性は増えていて、足先まで血流をスムーズに流すことは、下半身の冷えを改善するために大変効果のあることなのです。

〜足先ストレッチ方法〜

①イスに座ったまま脚を組む。

②組んだ方の足の指全体を手で掴み、足裏側に強く曲げる。

 ※このときに、足の甲が伸びていることを意識する。

③その状態で5秒数え、手を離し、手を離した状態でまた5秒数える。

①〜③を5セットずつ、合わせて10回行います。

イスに座ってできるストレッチは、デスクワーク中でもできるのがいいところだと思います。ストレッチは即効性が高く、足の血流がすぐに改善できるのですぐにでも取り入れてみてください!

<1日10分のウォーキング>

冷え性は、熱を発生してくれる筋肉量の少なさが原因のひとつでもあります。筋肉量を増やすためには運動をする必要があります。カラダに大きな負荷をかける運動ではなく、無理なく継続していける運動を取り入れていきましょう! 日常生活の中で取り入れやすくてオススメなのが、「1日10分のウォーキング」です。しかも、歩くだけではなくて「歩き方」を変えてみましょう。たったの10分間だけなので、継続できるはずです。

〜1日10分ウォーキングの歩き方〜

①肩の力を抜く。

②まっすぐ前を向き、胸を張る。

③肘をぐっと伸ばした状態で腕を大きく振り、大股で歩く。

“たかが10分、されど10分” 継続することが何よりも大事なことであるのが分かるエクササイズがこの「1日10分ウォーキング」です。何気なくやっている動作を利用した合理的な方法ですし、ほんの10分間だけ意識を集中することができればいいのですから簡単です!

<熱めのお風呂に短く入る>

73973ba605092026edd21eaca68bf9f5_s

少し熱めのお風呂に5分間くらい浸かりましょう。だいたい41°Cが目安です。大事なのは、首までしっかり浸かるという点です。半身浴もよく健康的に取り上げられるのですが、肩や背中が冷えることでコリが出てしまう可能性があります。

そして、半身浴は長時間浸かるのがポイントですが、冷え性改善のためには、短く入るというところがポイントなので違います。ここで肩甲骨を背中の中心に引き寄せるストレッチも合わせるとコリも血行もよくなります。

<ふくらはぎのマッサージ>

ふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれ、とても重要な箇所でもあります。ふくらはぎの血行をよくすることで全身の血行が改善されると考えられていますので、ぜひとも取り入れましょう!

〜ふくらはぎマッサージ方法〜

・足先の血液を心臓方向に戻すイメージで、足先からヒザ裏に向かってやさしくマッサージする。

【冷え性に効果のある食べ物】

私たちのカラダを形成する要素に、食事というものもとても大事なことのひとつです。今の私たちがあるのは、過去に食べてきたものによる結果であるともいえるのです。

生きていくために必要なライフラインでもある食事にも、カラダを冷やす食べ物と、温めてくれる食べ物があります。冷え性を改善したければ、単純にカラダを冷やす食べ物を控えて、温めてくれる食べ物を多く摂るようにしましょう! 

<カラダを冷やす食べ物>

・果物

・パン、米

・砂糖

<カラダを温める食べ物(食材)>

・根菜

・味噌、漬け物

・塩分

・玄米

・豆類

・玉ねぎ、長ネギ

・唐辛子、ニンニク

a080bae40f45e3885fe3bc7ef3b12cd1_s

【冷え性は自分で改善できる!】

 

いかがでしたでしょうか。冷え性とダイエットの関係をカラダの仕組みから理解した上でお伝えしてきました。私たちのカラダにおける様々な現象や状態というのは、その一部分を断片的に切り取って見てしまうと解決に繋がらないということがご理解いただけたと思います。

例えば、頭痛がするというのは単に「頭が痛い」という断片的な解釈ではなくて、足のむくみとも関係していて、根本的な体質を改善しないといけないという知識があれば、薬局に行って頭痛薬を買って飲むだけという上辺だけの処置をすることはなくなります。

ですから、「ダイエットする」と決意を固めたのならば、まずはダイエットの手段に着目する前に、その手段が正しく効果を示すような方向に自分の意識とカラダをシフトしなければいけません。

「意識が変われば行動が変わり、行動が変われば結果が変わる」という言葉があるように、私たちの人生を長いスパンで考え、よりよい生き方というものを常に考えていくことが、私たちの理想とする結果を得るためには必要なのだと思います。冷え性は自分でも改善できます! そのための第一歩として、今回ご紹介したことがお役に立てたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。