体質改善

春の花粉対策! 腸内環境から花粉症を改善する3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

春は快適に過ごしやすい季節を迎え、新しい環境へと変わっていく時期でもあります。
外の気温も高くなり、公園で散歩もしやすくなります。

色とりどりの花が咲く春はわくわくする一方で、花粉症が辛い季節とも言われています。
年々花粉症の患者は増えているといい、症状に悩まされていることでしょう。

そんな花粉症は、腸内環境を改善することで治すことができると言われています。
腸内環境と花粉症には、どのような関係があるのでしょうか?

花粉症対策できていますか?

花粉症と腸内環境の関係とは?

腸内といえば、私たちの免疫細胞の約7割が集結しており、腸内環境の改善が健康への近道とも言われています。
この腸内環境が乱れて、自己免疫機能に問題が生じることで、花粉を「体にとって害になるもの」と認識してしまいます。

花粉症はくしゃみや鼻水に悩まされます体に異物やウイルスが侵入してくると、それを追い出そうとしてくしゃみや鼻水が出ます。
くしゃみはごく自然な反応ではあるのですが、花粉までも異物であるとみなしてしまうために花粉症を発症し、さまざまな症状に悩まされるようになるのです。

これは、腸内には免疫細胞が集結しているために、腸内に悪玉菌が増えて環境が悪化すると花粉にも過敏に反応してしまうから。

日々の食事や生活スタイル、ストレスなどの精神面も影響して、腸内環境が乱れることがあります。
腸内環境が乱れた状態が続くと、花粉症になるリスクが高まったり、症状が悪化したりといった不調を感じるようになります。

腸内環境の改善が花粉症対策のカギ!

腸内環境と花粉症には深い関係があるため、腸内を健康に保ちながら花粉症対策を始めていきたいですね。
実際に腸内環境を改善できるよう生活に気をつけていたら、花粉症の症状が緩和されたという結果も出ています。

即効性はないものの継続することで、花粉症に効果があると言えます。そこで、腸内環境を整えるために以下のことを実践してみましょう。

  • 腸内の善玉菌を増やす
  • 花粉症対策には青魚も食べよう
  • 適度な運動で腸内環境を改善

腸内の善玉菌を増やす

「腸内環境が整っている状態」とは、悪玉菌よりも善玉菌が多い状態を指します。
そこで、腸内の善玉菌を増やすために乳酸菌やビフィズス菌を積極的に摂取しましょう。

乳酸菌やビフィズス菌は意識して摂取しながら、善玉菌のエサとなる食物繊維も忘れないように摂取すると腸内の善玉菌を増やすことができます。

花粉症対策には発酵食品やオリゴ糖の摂取がおすすめ乳酸菌を豊富に含み手軽に食べられるものにはヨーグルトがありますが、ヨーグルト以外の納豆や味噌、漬物、キムチなどの発酵食品もおすすめ。
普段の食事においてもこのような食品を取り入れることで、手軽に腸内環境を改善できます。

また、オリゴ糖も摂取できるように心がけると腸内環境は改善されます。
オリゴ糖には整腸作用や腸の働きを活発にする効果があるため、摂取していると腸内環境の改善につながります。
オリゴ糖は市販されているので、料理の際の砂糖の代わりに使ってみるなど工夫すると、適量を摂取できます。

花粉症対策には青魚も食べよう

青魚といえばDHAが豊富で良質な油を含むため、食事においても積極的に食べたい食材です。

花粉症対策としてお魚を食べましょう青魚に含まれるDHAやEPAはアレルギーによる炎症を抑える働きもあるので、花粉症によって鼻水やくしゃみ、かゆみなどを抑えられます。
さらに青魚にはオメガ3脂肪酸が豊富で、花粉症の原因となるアラキドン酸の発生を抑え、花粉症の症状を和らげてくれます。

青魚にはサバやイワシなどスーパーで見かけるものもたくさんあります。
調理法もアレンジできるので、いろんな食べ方で楽しむことができますよ。

最近は魚を食べる人が少なくなっていますよね。
これがよい機会です。花粉症対策と腸内環境の改善を考えて青魚のある生活を始めてみましょう。

適度な運動で腸内環境を改善

「最近、運動不足だなぁ……」と実感している人も多いかと思いますが、運動不足は腸内環境の乱れを招きます。
そこで、簡単な運動から始めてみましょう。

いきなり激しかい運動はつらいので、毎日30分歩く、朝早起きしてラジオ体操を日課にしてみる、夜寝る前のストレッチを習慣にする、など生活の中で簡単に実践できるものを選んでみてください。
スクワットやながら運動ができるグッズを用意して、家の中で試してみるのもおすすめです。

ストレッチなど運動も花粉症対策に

簡単に続けられる運動を見つけて、毎日行う時間を決めておくと運動が苦手で長続きしないという人も続けられるでしょう。
腸内環境を改善するための食事に気をつけながら同時に運動も始めると、より腸内環境は早く整っていきます。

生活でも“ひと工夫”加えて花粉症対策を

日々の食事に気をつけながら腸内環境を改善することが、花粉症対策に効果的です。
その腸内環境の改善を図りながら、体の中を改善するだけでなく、同時に生活している空間にも気を配りたいですね。

外出時にはマスクやメガネ、帽子などを活用し、花粉が直接体内に侵入しないように気をつける、外から帰ってきたら衣服をしっかりはたいて花粉を落としてから中に入るといったように、小さなことを続けていくと花粉症を悪化させずに済みます。

また、洗濯物は室内に干す、換気は極力控えるといった点にも注意しましょう。
知らないうちに花粉が家の中に入り込んできているので、花粉が飛ぶ季節は徹底して家の中に持ち込まないのがポイントです。

花粉がつかないよう洗濯物も室内で干してみてください

このように、花粉症の症状を改善するために腸内環境を見直すのと同時に、花粉を持ち込まない対策も取っていくとよいでしょう。

腸内環境を改善して花粉症を克服!

春は過ごしやすく新しい気持ちになれる季節ですが、花粉症はピークを迎え鼻水やくしゃみなどで悩まされます。
花粉症は腸内環境とも密接に関係しており、腸内環境を改善することが花粉症対策につながります。これは腸内に免疫細胞が集まっていることとも関係しています。

腸内環境を改善するために、乳酸菌やビフィズス菌、青魚、オリゴ糖などを意識して摂取しましょう。
特に花粉症がつらい春は食事に気をつけて過ごしたいですね。
花粉を家の中に持ち込まないよう対策を取ることも、効果は期待できるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

キャリア20年以上の手技「くびれ腸セラピー」。初回の方に限り、今だけの特別価格4,000円でご案内中!

通常90分16,800円が初回体験価格4,000円(税別)

キャリア20年以上のプロのエステティシャン監修のオールハンド施術によって、体の深部にアプローチする「くびれ腸セラピー」。

「結果が実感できる、痛気持ちいいエステ」として話題沸騰中!です。

今なら初回の方に限り特別価格でご案内いたします。
カラダの中から綺麗になって、美しいクビレを手に入れて下さい。


詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。