ストレス

春のストレスはどう予防する? セルフチェックのための6ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

春は環境ががらりと変わる時期であるため、いつの間にかストレスを溜めてしまいがちですよね。
年度が変わる季節ということもあり、慣れない環境に飛び込む人も増えます。

ストレスを腸内環境から解消するには?

初めての環境の中でストレスを溜めてしまいがちなので、新年度に入る前からストレスを予防できるような生活を送りたいもの。
ここでは、春のストレス予防法を解説します。

春にストレスが溜まりやすい仕組み

春は暖かくなってきて気分がリラックスすると思う反面、環境が大きく変わる時期でもあります。
ここから、いつの間にかストレスを溜めてしまっている人も多いのです。

春はイライラが溜まりやすい季節?春は、情緒不安定になりやすい季節とも言われています。
寒暖差が激しくなる春は天気も乱れやすく、ここから体と心のバランスも乱れを起こします。

そのため、イライラしたり落ち込んだりといったように気分の上がり下がりが激しくなります。
この連続によって体は疲れてしまい、ストレスが蓄積されていくのです。

春特有の天候にプラスして、新しい環境での生活が始まるので、体が疲れを溜めやすく、気がついた時にはストレスが蓄積されているのです。

このストレスは春になって大きく環境が変わる場合には誰でも感じること。
社会人になりたての頃や新しい学校に入るとき、部署が変わるなど春は変化がたくさんある季節です。
他の季節よりもストレスが溜まりやすいときだと理解して、対処していく必要があります。

春のストレスはどう予防すればいい?

春になって溜まりやすいストレス、どのように予防すれば体と心のバランスを適度に保つことができるのでしょうか?
ここでは春に感じやすいストレスの予防法を紹介します。

  • スパイシーな食べ物でストレス発散
  • たっぷり睡眠を取る
  • ストレスの原因を知る
  • ストレス発散法を見つけておく
  • 予定を詰め込みすぎない

スパイシーな食べ物でストレス発散

ストレス解消にはカレーなどスパイシーな食べ物が効果的唐辛子や胡椒などの香辛料を使った食べ物は、ストレスを避ける役割があります。
気分が落ち込んでいるときやストレスが溜まっている時に、辛いものを食べると汗をかくだけでなく気分もすっきりします。

春はいつもよりスパイシーな料理を多めに食べるのも、ストレス予防におすすめです。
カレーやキムチを使った料理などを食べると、自然とストレスを緩和することができるのです。

たっぷり睡眠を取る

疲労はしっかり眠ることで回復できます。ストレスを溜めていると体は疲れるばかりなので、春はいつもより多めの睡眠を心がけてみましょう。

  • 日付が変わるまでには布団に入る
  • ゆっくり眠れるように温かい飲み物を飲んでから寝る
  • お風呂の入り方を見直してみる

といったように、質の良い睡眠に導くためにできることも実践してみるとよいでしょう。

ストレスの原因を知る

春、なぜ気分がモヤモヤするのか、イライラするのかという原因を探ることも大切。
何に対して自分がストレスを感じているのかという原因を知ることで、ストレスを溜めない生活に変えていくことが可能です。

新しい生活に不安を感じているのか、慣れない人間関係に悩んでいるのか、人によって何にストレスを感じているかは異なります。
そのストレスの原因を知ることから始めると、どのように対処していけばよいか見えてきます。

新年度が始まるにあたってどんなストレスを溜めてしまいそうか、あらかじめ考えておくのもよいでしょう。

ストレス発散法を見つけておく

ショッピングなどストレス解消法を見つけておきたいですねストレスの原因を知ってそれを回避していくことでストレスは軽減できますが、知らないうちに蓄積されていくものなので、自分なりにストレス発散法を見つけておきましょう。

カラオケで思いっきり歌うと気分がすっきりする、買い物や美味しいものを食べると嫌なことを忘れられる、などと人によってストレスを発散できるという方法が違うので、自分が楽しめるものを見つけておくと安心です。

予定を詰め込みすぎない

春は何かと忙しい時期です。出ごとが多くなり、家でのんびり過ごす時間が少なくなるときでもあります。

スケジュール帳を見たときにびっしりと予定が詰まっていると、休む時がない、趣味を楽しめない気分が落ち込んでしまいます。
そのため、予定は最低限にしておくのがベストです。

仕事や人間関係での予定が詰まりすぎていると疲労を溜め込んでしまうので、予定はほどほどにして、何もない日も作っておきましょう。

春ストレスのレベルをセルフチェックしてみよう

春ストレスは原因を知って予防法を実践していくと、溜め込まずに快適に過ごせるようになります。
そんな春ストレス、今自分の体にどれだけ蓄積されているのか、以下に示すセルフチェック項目で確認してみてください。
すでにいくつもチェックが当てはまるという人は、早めにストレスに向き合いましょう。

  1. 体がだるくてやる気が起きない
  2. ついネガティブ思考になってしまう
  3. 食事量が減り、体重も落ちている
  4. 寝つきが悪く、夜中に目が覚めることが多い
  5. 初対面の人と会うのが辛い
  6. 元気な人をみると落ち込んでしまう

この6つの項目をチェックしてみましょう。ついマイナス思考になってしまうのが、ストレスを溜めてしまう危険サインと言えます。
また、いつもより寝つきが悪く、目が覚めてしまうという場合にもストレスが溜まっている可能性が高いですね。
春になって私生活を見直しながらストレスが溜まる要因が自分の周りにないか、確認しておきたいところです。

ストレスチェックを欠かさずに

1項目でも当てはまるという場合には、何かしらのストレスが溜まっているサイン。
生活がどのように変わったか、体は疲れを感じていないか、自分の体調をよく見ておきましょう。

春ストレスに打ち勝つために!

春は自然とストレスを溜めてしまい、体が疲れやすく感じる季節です。
そこで、春ストレスが溜まる原因を知り、新年度を快適に過ごすためにストレス予防法を実践してみてください。

春からどんな新生活に変わるのか、自分の生活の変化を知り、どんなストレスが溜まる恐れがあるのかを把握しておくことで、ストレスとも上手に向き合うことができるでしょう。

ストレスに打ち勝つことができれば、春をより楽しい季節として過ごせるようになります。
そして、自分なりのストレス発散法も見つけておくと、体が疲れている時も対応できますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。