便秘症・下

お腹の調子がイマイチ・・・春に腸内環境が乱れる原因と対策は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

春になると気候はちょうど良くなって過ごしやすくなるのに、お腹の調子がイマイチ……ということありませんか?
「寒くてお腹が冷えているわけではなさそうなのに、なぜ?」と、疑問を抱えている人もいるでしょう。
しかし、春は実は腸内の環境が乱れやすい季節であり、さまざまな要因によって腸内はリズムが崩れやすくなっています。その原因と対策をまとめました。

春に腸内環境が乱れる原因は?

春に腸内環境が乱れる原因は?

春は新しい季節の始まり、わくわくする気持ちが出てきます。それと同時に、不安や緊張といった気持ちも感じやすい季節です。
進学や就職、転校に転勤など生活環境ががらりと変わるケースもあります。
生活が不規則なったり慣れない生活に体がついていけないこともあります。

自律神経が乱れる要因のひとつは新生活でのストレスこのようなサイクルを続けていると、自律神経に乱れが生じます。
自律神経は血管や内臓の働きをコントロールしてくれているため、自律神経が乱れると体にも不調が現れます。

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあり、これらがバランスよく機能している状態が望ましいです。
しかし、春の生活環境の変化によってバランスが乱れることがあり、腸内の働きも鈍くなってしまうのです。

自律神経の中でもストレスや緊張を受けると働きが活発になる交感神経が優位になると、胃腸などの消化器官の働きは鈍くなります。
その結果、消化不良や便秘を招きます。

一度、便秘の症状を感じ始めると、簡単には解消しにくくなります。
便秘状態が長く続くと腸内には悪玉菌が増えて、代謝機能の低下を招きます。
体内では有害物質が発生しやすくなり、体に便秘や腹痛といった腸内の不調を感じるようになるのです。

腸内環境を整えるための対策法

春の腸内バランスを整えるためには、毎日の生活を見直すことが何よりも大事です。
そこで、腸内環境を整えるためにこんな対策を取ってみましょう。

  • 食生活を見直す
  • 自律神経を整えよう

食生活を見直す

腸内環境を整えていく上で欠かせないのが、食生活の見直しです。
日々の食事は腸内に直接影響を与えるため、お腹の調子が乱れやすい春は食事も見直したいのです。

腸内環境のバランスが整っている状態とは、善玉菌がたくさんあること。
悪玉菌や多くなってしまうと腸内環境は乱れて、お腹の調子だけでなくお肌にも異常が現れるようになります。

腸内環境の改善は食事の見直しから

善玉菌のエサとなる食物繊維を食事で摂取できるようにし、乳酸菌を多く含む発酵食品も意識して食べると良いでしょう。
野菜や海藻類、きのこ類、大豆製品に魚や肉をバランスよく食べることで、腸内には善玉菌が増えていきます。

忙しいとついインスタント食品やお惣菜、外食で済ませがちになってしまいますがお腹の調子を整えるためにも食事には慎重になりましょう。

自律神経を整えよう

春の環境によって自律神経が乱れることから、腸内環境もバランスを崩してしまいます。
そこで、自律神経のバランスを崩さないように、リラックスして心に余裕を持ちながら過ごしてみましょう。
自律神経のバランスを整えるためには、以下のようなことが有効です。

ストレスは溜めない

運動などでストレス発散!春は環境が大きく変わる季節でもあるので、ストレスが溜まりがちです。
このストレスはそのまま放置していると、常に悪循環に陥ってしまうので適度に発散したいです。

そこで、自分なりにストレス発散の方法を見つけておき、オンとオフの切り替えを大事にしましょう。
嫌なことを忘れられるような楽しいことをして、ストレスは溜めないようにしましょう。

睡眠はしっかり取ろう

春は疲れがたまりやすいので、体調を崩す機会も増えます。
そこで、睡眠はいつもより多めにしっかり確保したいですね。最低7時間は眠るようにし、日付が変わる頃までには布団に入りましょう。

また、寝る直前のパソコンやスマホは目と頭を疲れさせてしまうので控えたり、温かい飲み物を飲んでリラックスしてから眠りにつく、寝室を快適な温度にしておくなど、質の良い眠りにつけるような工夫も大事です。

睡眠をしっかり取っていると疲れを取り除いてくれるだけでなく、自律神経のバランスも整います。
いつもより多めかつ質の良い睡眠を心がけて、その日の疲れをしっかり癒すようにしましょう。
単に睡眠時間だけを確保するのではなく、質の良い睡眠を取るよう心がけるのがポイントです。

その他に日常生活の中で実践できること

食事と睡眠に規則正しい生活は基本ですが、それに加えて腸内の調子を整えるために、水分補給や副交感神経の働きを優位にしてくれることを実践したいですね。

水分補給すると胃腸の働きを活性化させ、副交感神経の働きを活発にできます。
また、ゆっくりと深呼吸を意識して行うことでも副交感神経を優位にできるので、忙しく毎日が過ぎている中でも一息つける時間を作ってみましょう。

自律神経のためにリラックスして水分補給

その他に副交感神経を優位にするには、たくさん笑ってリラックスすることです。
お風呂にゆっくり浸かる、友達や家族など気のしれた人と楽しく笑って過ごすなど、のんびりする時間を確保してください。
すると春の忙しさから感じやすい腸内の乱れも、徐々に改善されてくるでしょう。

毎日の生活の中で実践できることを始めておくと、春本番になっても快適に過ごせます。

腸内環境を整えるためには、自律神経の働きにも注目してくださいね。
食事や睡眠に気をつけて規則正しい生活を送りながら、副交感神経を優位にして自律神経のバランスを保ってみましょう。

環境が変わる時期こそ腸内環境に注意!

春は生活環境ががらりと変わることがあり、腸内環境が乱れやすい時期です。
なぜ腸内環境が変わって不調を招きやすいのかという原因を知り、正しく対処してください。

対処法としては、食事や睡眠、規則正しい生活リズムを意識しながら、心に余裕を持ってリラックスして過ごすようにすること。
春の腸内の不調を改善するだけで、快適に過ごせるようになります。
周りの環境が大きく変わる季節に健康に過ごせるようにするためにも、腸内環境の改善をしてみましょう。

腸内が健康的になると全身が元気になるので、決して侮れません。
体調を崩さないためにも、腸内環境を整えていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

キャリア20年以上の手技「くびれ腸セラピー」。初回の方に限り、今だけの特別価格4,000円でご案内中!

通常90分16,800円が初回体験価格4,000円(税別)

キャリア20年以上のプロのエステティシャン監修のオールハンド施術によって、体の深部にアプローチする「くびれ腸セラピー」。

「結果が実感できる、痛気持ちいいエステ」として話題沸騰中!です。

今なら初回の方に限り特別価格でご案内いたします。
カラダの中から綺麗になって、美しいクビレを手に入れて下さい。


詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。