不妊対策

妊活中には摂らないほうがいい? 冷えを招く夏の食べ物と飲み物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

暑い夏が始まると、毎日涼しい部屋でのんびり暮らしたいと思うようになりませんか?
とにかく暑さから開放されたいという思いを抱えている人も多いでしょう。

年々厳しくなる暑さ、冷房の利いた涼しい部屋に籠りたいところですが、妊娠したいと考えている人には注意点も多々あります。
そこで、ここでは暑い夏の不妊対策・妊活で絶対にやってはいけないことを解説します。

夏 妊活 不妊 禁止

 

夏場の冷えは妊娠する確率を下げてしまう!

夏は冷房をつけていることが多いですよね。
冷房を使用し続けている室内に長時間いると、体は冷え切ってしまいます。

体が冷えると卵巣も冷えると言われており、機能低下によって妊娠する確率を下げることになります。
特に女性の場合は冷え性だという人が多く、夏の過ごし方には気をつけたいところですよね。

冷房の利いた部屋で、裸足に半袖といった服装をしていると、全身が冷えるばかりです。
特に妊娠に関係してくる卵巣や子宮は冷えの影響を受けやすくなります。
そのため、体の冷えない生活を心がけることが大切です。
以下のような対策を取って、体の冷えを取り除いていきましょう。

  • 夏でも靴下はきちんと履く
  • 首、足首、手首をしっかり温める
  • 子宮や卵巣のあるお腹をお風呂に浸かるなどして温める
  • ストレッチや運動を行なって、体を内側から温める

こうして、冷えとしっかり向き合って夏の過ごし方を工夫するだけでも、妊娠しやすい体に近づけるでしょう。

食べ物や飲み物に気をつけて過ごそう

夏の暑い時には、よく冷えたコーヒーやビール、ジュースなどが、とても美味しく感じられます。
さらに、こうした飲み物に氷を入れて、ついたくさん飲んでしまうという人も多いはず。
しかし夏は、食べ物や飲み物によって妊娠を妨げてしまうことにもなるので、気をつけて過ごしましょう。

妊活 不妊 冷え 飲み物

大人の女性が好きな飲み物にコーヒーが挙げられますが、コーヒーに含まれるカフェインは血管を収縮させるので血流を悪くします。
その結果、全身の血行不良を招くので、体は冷え切ってしまいます。
飲み物以外に、添加物を多く含む食べ物も血行を悪くさせるので注意が必要です。

化学調味料や人工甘味料などは消化・吸収のために、より多くのエネルギーを必要とします。
結果、代謝の低下を招き血行不良に陥りやすくなります。

身近な食品に多く含まれる添加物ですが、妊娠したいと思っている時は自然から作られた調味料などを使って、添加物の過剰摂取には気をつけましょう。

その他には、以下のような食品が冷えを招くので、体が冷えやすい夏に食べるのは注意しましょう。

  • 夏野菜
  • 南国の果物
  • 豆乳
  • トランス脂肪酸を多く含む食べ物
  • 大型の魚
  • 生ものにも要注意

夏野菜

トマトやなす、きゅうりといった夏野菜は水分量が多い野菜であるため、体を冷やしてしまいます。

南国の果物

パイナップルやマンゴーといった南国で育つ果物も体を冷やす作用があるため要注意。

豆乳

妊活 不妊 冷え 豆乳

女性の中には美容のために豆乳を飲んでいる人もいますが、体を冷やす作用があるので過剰摂取に注意しましょう。
女性ホルモンのバランスを崩すため、子宮内膜症や不妊症の原因にもなってしまいます。
摂取するのなら、たとえば「1日200ミリリットルまで」と決めて利用しましょう。

トランス脂肪酸を多く含む食べ物

トランス脂肪酸は卵巣機能を低下させる恐れがあるため、できるだけ避けたい成分です。
欧米では健康被害も明らかになっているので、摂取しないようにしたいもの。

スナック菓子やインスタント食品、マーガリン、ショートニング、ファーストフードなどの身近な食べ物に含まれる成分ということもあり、日頃の食事には慎重になりたいですね。

大型の魚

マグロなどの大型の魚には水銀が含まれているので、妊活中または妊娠中の人は気をつけましょう。
水銀は胎児の神経に影響を及ぼす恐れがあるとされていることから、赤ちゃんの体に異常が起きる可能性が出てきます。
マグロは身近な魚ですが、食べ方や量に気をつけましょう。

生ものにも要注意

妊活 不妊 冷え 生魚

生肉や生魚、貝や生卵といった食べ物も、妊活中は避けたいですね。
生ものにはサルモネラ菌やトキソプラズマ、ノロウイルスなどさまざまな細菌が含まれています。
お母さんが感染することで赤ちゃんの視力や脳性麻痺などの異常を起こす恐れがあるため、生ものを食べるのは控えましょう。

ストレスは妊活における最大の敵

妊活中は、夏ならではの果物や野菜、飲み物などに気をつけて過ごしながら、冷房の使い方を考えて体を冷やさないようにしたいですね。
そのような冷え対策を心がけながら、ストレスも溜め込まないようにしましょう。

ただし、なかなか妊娠できないという思いから、大きなストレスを抱えてしまうことがあります。
そこで、以下のような方法を実践して、適度にストレスを発散しながら生活してみましょう。

  • 適度な運動を心がける
  • 美味しいものを食べて気分転換を

適度な運動を心がける

適度な運動は体に良く、気持ちもリフレッシュさせてくれます。
激しい運動よりも、ウォーキングやヨガといった有酸素運動は、気軽に始められるでしょう。

夫婦で一緒に運動を始めるのもおすすめです。
二人で会話をしながら適度な運動を行うと、気分転換だけでなく夫婦の絆を深めることにもつながるでしょう。

美味しいものを食べて気分転換を

妊活中はいろいろと食べてはいけないものが多く、それが返ってストレスになることもあります。
そこで、たまには美味しいものを食べて気分転換をしましょう。

夫婦で気になるお店に行ったり、友達とお茶をしながら甘いスイーツを食べるのもよいでしょう。

たまに気分転換を行うことで、また気持ちを新たにして妊活に励むことができます。

妊活 不妊 ストレス

夏の妊活は息抜きも大切です

暑い夏は、妊活や不妊対策としてやってはいけないことがたくさんあるように感じます。

体の冷えが妊娠を妨げるとも言われているので、つい体を冷やしてしまいがちな夏はいつも以上に食べ物や飲み物、過ごし方に気をつけましょう。

ただ、すべてがNGと思って過ごしているとストレスが溜まるばかりとなるので、たまには息抜きもしながら体のケアができるとよいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

キャリア20年以上の手技「くびれ腸セラピー」。初回の方に限り、今だけの特別価格4,000円でご案内中!

通常90分16,800円が初回体験価格4,000円(税別)

キャリア20年以上のプロのエステティシャン監修のオールハンド施術によって、体の深部にアプローチする「くびれ腸セラピー」。

「結果が実感できる、痛気持ちいいエステ」として話題沸騰中!です。

今なら初回の方に限り特別価格でご案内いたします。
カラダの中から綺麗になって、美しいクビレを手に入れて下さい。


詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。